ブログ

HOME > ブログ > 2012年03月

平成23年卒業旅行

3月18日(日)  当日、私は、寝ないまま朝5時に塾へ到着。 ハイテンションを維持しながら生徒を出迎えた。 集合時間は、5時半。生徒が少しづつ来塾する。そんななか、メンバーが1人足りない。 寝坊した生徒がいた。出だしからハプニング。その日の私の占いは、トラブル続出!!! 救いの言葉は、”そのトラブルがよい方向へ出る”だった。その言葉を信じ、目的地 東京ディズニーランドへ。 バスの中は、安心していた。しかし、朝から牛丼を食べ始めた生徒がいた。その生徒のとなりにいた子がにおいでバス酔いをした。予定地ではない、サービスエリアで休憩をとり空気の入れ替えを行った。ちょっとしたハプニングだった。そして、目的地に着き、講師と生徒が班に分かれての行動。 私の班は、まず、モンスターズインクのファストパスを取りに行った。そして、そのままスペースマウンテンへ。私は、正直・・・絶叫系が苦手(;一_一)緊張する中、マシンへ。生徒はとても楽しそうだ。 暗闇の中で上下左右に舞うマシンに体力を奪われた。そして、その後に、私の最大の目的であった、プーさんのハニーハント!!!初めて乗った時、感動のあまり全身に鳥肌が立った。その感動をもう一度とばかりに生徒にわがまま言って乗りに行った。やはり感動!!!ありがとう、プーさん。その後は、生徒の意見に任せ、カリブの海賊、ホーンテッドマンション、ジャングルクルーズと楽しいアトラクションが続く。夕方になると雨が降り出した。3月半ばにもかかわらず気温が低くとても寒かった。暖をとるために生徒は、ディズニー名物のかぶり物を買っていた。とても暖かそうな毛むくじゃらの帽子。しかし、その帽子って園内でしか被れないと思うのは、私だけでしょうか・・・ 桐生市で被っていたら・・・(;一_一) でも、とても暖かそう(●^o^●)そして、初めに取ったファストパスのモンスターズインクへ。 このアトラクションは、最後に数個の乗り物が止まって、ロズというキャラクターが誰かを選んでコメントしてくれると生徒から聞いていた。そして、私たちの番。誰が選ばれるのかと思っていると、 ロズが「3番目のお兄さん、私を口説こうたってそうはいかないよ。」としゃべった。1,2,3番目と数えると私だったー!!!選ばれると思っていなかったので喜びも倍増。何歳になっても楽しいなと思った。次に、スプラッシュマウンテンへ。またも絶叫系。ファストパスを取っていたので、時間が決まっていた。少し時間があるので、何か乗ってから行こうとなった。そこで決まったのが、なんとメリーゴーランド・・・ディズニーでメリーゴーランドだった。でもすぐ乗れた。新鮮な気持ちで乗るとマシントラブルで止まった。はいきましたトラブル。2,3分待っていると、再始動。2回分の時間、馬と回っていた。 恥ずかしさと寒さが襲っていた。そして、その寒さのまま、スプラッシュマウンテンへ。私の中でディズニー最強!!!谷底へ落ちて行く絶叫マシンだ!!!ファストパスなので待ち時間もわずか。あっという間に乗り物へ。一番後ろに座った。後ろは一番高い場所から落ちて行くから一番怖い。覚悟を決めた。そして、最後の墜落へ。写真が撮られることを知っていたがカメラ目線どころか何もできなかった。生徒たちは、皆ピースでカメラ目線。すごいと思った。撮られた写真を見たら私の隣に乗った生徒との顔の大きさが・・・・ つくづく私は顔が大きいなと・・・(-_-)誰か小顔になる方法を教えてーと心で叫んでもどうにもならない。 そして、夕飯を皆で食べ、お買いもの。バス集合時間は、21時。 最後にもう1つ何かに乗りたいと思った。皆と話し合って、スペースマウンテンに決定。また絶叫!!!20時10分にスペースマウンテンに集合となった。私は、買い物を済ませスペースマウンテンへ。すると、生徒がもう並んでいた。時間の短縮ができた。 しかし、班の生徒2名が来ない。買い物にてこずっていた。列はどんどん進んでいく。スペースマウンテンは、エスカレーターで上にあがる。そうするともう列に合流することが難しくなる。班のメンバーが交代で探しに行く。でもいない。着々とエスカレーターが近づく。そしてタイムオーバー。上へあがった。その後まもなく、遅れて2名が走ってきた。しかし、キャストが上へあげてくれないと連絡があった。上のキャストと下のキャストが連絡を取り合ってくれようやく合流することができた。この旅行の最後のアトラクション。やはり皆で乗りたかった。ありがとう、ディズニー。そして、今度は、一番前に乗ることに。スペースマウンテンは、暗闇なのでどちらに曲がるかわからない。かなり恐かった。でも生徒は、へっちゃら。一緒に乗った生徒が、「塾長の髪型おもしろい。オールバックになってる。」と。私に人の様子を見る余裕などなかった。この卒業旅行は、私にとって最高の思い出である。いつまでも忘れることがない思い出。そして、無事、桐生へ帰ってこれた。ハプニングもあったがとても楽しかった。そして、この旅行を実行して本当によかった。 私の塾生がこれからの人生、幸多いことを祈っている。
優進ゼミ | 2012.03.19 | PermaLink

今年度受験を終えて

塾生全員が大きく成長してくれたと思います。 夢を追い求めることの大切さを知ってくれたと思います。 この先、彼らに至難が訪れようともこの受験で得た力が救ってくれると私は信じています。 そして、 また別れがやってきます。 毎年、この時期がとても切なく、そして門出でもある彼らを頼もしく思う自分がいます。 そして、いつでも気軽に遊びに来られるような塾でありたいと・・・
優進ゼミ | 2012.03.07 | PermaLink