ブログ

HOME > ブログ

第11期生 伝説!

 今年も中学3年生が巣立っていきました。皆最後までがんばりました。その中で1人の女の子の話をしたいと思います。  中学1年生の春、彼女は、入塾しました。小学校を卒業したばかりの彼女は、私の言うことを素直にきく模範的な生徒でした。入塾まもない頃、私が中1の1学期期末テストで社会93点をとった話をしました。すると彼女は、目を輝かせ「私も93点以上をとってくる!」と言ってくれました。しかし、彼女が93点以上をとることはありませんでした。私は、毎年、高校の話を生徒にします。その中で桐女の話をした時、彼女は、桐女に憧れをもちました。しかし、成績は、桐女に到底及びません。成績が伸びず、とうとう中学2年生の3学期、お母さんより退塾したいと申し出がありました。しかし、彼女は、塾をやめたくないと言ってくれました。私は、「彼女と私に最後のチャンスを下さい。中学3年生で必ず結果を出します。」とお願いしました。彼女は、一生懸命がんばりました。1学期期末テストで社会96点という高得点をとってくれました。中学1年生の93点以上をとるという約束を2年越しで果してくれました。しかし、他の科目の点数が伸びません。中3の夏、再度お母さんより退塾の申し出がありました。私は、お母さんにお叱りを受けました。娘の実力がないのにもかかわらず桐女を促すなんてありえないと・・・。お母さんのおっしゃる事は、ごもっともな話でした。彼女の実力は、偏差値40前後。桐女の合格可能性は、0に近い。それでも彼女は、桐女しか行きたくないのです。高校は、成績で決めるものではありません。行きたい高校がある。そのために成績をあげる。それが高校受験だと私は、信じています。私は、社会と国語が専門です。しかし、2学期期末テストは、5科目全てを指導しました。 すると彼女は、私に全て従ってくれました。結果は、数学47点から66点、理科36点から70点、英語35点から55点、国語・社会は、80点越えの高得点をとってくれました。5科目で過去最高点を獲得。数学は、初めて平均点を上回りました。私は、本当にうれしかった。私は、彼女を苦しめている事を重々承知でした。私と出会ったから桐女を目指した。そしてお母さんから叱られるばかり。それでも私を信じついてきてくれた。しかし、桐女の道は甘くなかった。12月・1月・2月と受験勉強を真剣に取り組みました。私に何度も叱られ、泣く日々でした。それでも、2月の塾内テストで桐女の合格ラインに達していませんでした。私は、彼女に志望校を変えるよう言いました。彼女は、泣いていました。ゴミ箱いっぱいになるくらいティッシュで涙を拭いました。そして、彼女は、桐商に変更します。しかし、彼女には、試練が続きました。後期入試37名の不合格者が出る高倍率だったのです。私は、神を憎みました。一生懸命がんばっている彼女にここまでの試練を与えるのかと。2月・3月とほとんどの科目を私が担当し説教を交えた指導が続きます。彼女は、どんな気持ちで毎日を過ごしていたのでしょう。一生分の涙を流したはずです。不安と緊張が彼女を襲ったはずです。それでも私についてきてくれた。本当にすごい精神力だと思います。普通の中学生では耐えられない事でした。3月15日、後期入試合格発表日。彼女は、お母さんと一緒に来てくれました。彼女は、合格したとクールに報告してくれました。私は、普通に「おめでとう」としか言えませんでした。彼女が耐えた数カ月を思うとどう喜んでよいか分かりませんでした。私が塾長になって12年、最高の塾生に出会えました。毎年素晴らしい結果を出してくれる塾生。その中でもここまで私と共にがんばってくれた塾生は、いません。本当にありがとう。 君には、夢がある。傷ついてボロボロになってもいつも心の奥底に宝物のように大切にしまっている夢。たとえ誰かにバカにされ笑いものになっても君はずっと耐えてきた。この日のために耐え抜いてきた。周りはこう言うだろう。叶わない夢は見るな。なるようにしかならないのだから。現実を受け入れろと・・・。それでも君には夢がある。僕は、夢を信じる君を見守っていたい。そして、運命という冷たい壁に堂々と立ち向かった。大きな壁を乗り越えて空高く羽ばたけた。そんな君は、これから来るだろう、どんな現実にも負けたりしない。本当に合格おめでとう!!!

優進ゼミ | 2017.04.04 | PermaLink

11期生卒業!!!

3月15日 後期入試合格発表をもって、第11期生卒業。今年も多くのドラマが生まれました。本当に皆がんばり合格を勝ち取りました。偏差値40、中1、2年時通知票に2が多数から桐南合格。偏差値30台から37人不合格が出る桐商合格など不可能を可能にした塾生が多数いました。塾長として本当に彼らを尊敬します。4月より新体制がスタートします。国数英の1授業60分→90分へ延長します。全学年毎週5科目指導に変わります。塾内のリフォームも完成しました。私にとって生徒さんが夢を持ち、そのために受験勉強をがんばり第1志望に合格する事、それこそが、私が塾を経営する究極の目標であり夢なのです。塾生の皆さん、そして入塾をご検討していただいている皆さんにも私の夢を共に見ていただけたら幸いです。
優進ゼミ | 2017.03.16 | PermaLink

優進ゼミ 開校10年を終え、11年目に突入しました!

開校時、私は、まだ20代前半で、エネルギーに満ち溢れていました。30代になると少しずつ体力が衰えていくのを感じました。10期生が卒業した後、体調を崩しました。私の補佐をしている講師に塾を任せ、塾に出勤する日が減りました。そんな事をしていると、生徒が言いました。「最近は、塾長より私の方が塾に長く居るよ!働けよ!」と・・・生徒さんたちの人生に休憩などなかったのです。塾長である私に休んでいる時間はありません。そう気づかせてくれたのもやはり生徒でした。10年前は、死ぬまで現役!と思って開校したはずがいつの間にか弱くなっていたのかもしれません。常に強く居続けることは、とても辛い事です。しかし、生徒が私とともに戦うなら私も戦い続ける!そう決意しました!40代、50代、60代とエネルギー全開でがんばってまいります!!!
優進ゼミ | 2016.04.15 | PermaLink

優進ハイスクール 第一期生 合格までの道!

 今から2年前、優進ゼミ中等部を卒業した桐女の2年生から「高等部作ってよ!」と嘆願されました。優進ゼミを開校して10年。多くの卒業生を輩出する中、卒業後の進路に携われない事をとても残念に思っていた私にとって一念発起するきっかけとなりました。嘆願から3カ月後の平成26年夏、優進ゼミ高等部を設立。生徒2名からのスタートでした。中学時代は、成績も優秀な子でした。しかし、桐女では・・・(涙)。全国模擬試験の結果を見ると英語は、200点満点中100点以下。数学は、100点満点中50点台と大学受験どころの話では、ありません。その成績の原因は、生徒の自習姿を見て納得。音楽を聞きながら勉強をしていたのです。生徒に注意をすると、「授業中の先生たちの声が大きくて集中できない。」と言うのです。彼女には、集中力というものがなかったのです。私は、長い年月をかけ彼女に集中力を身につけさせることから始めました。彼女は、素直に聞き入れ努力してくれました。だんだんと学校の成績も向上し3年生となりました。彼女が志望した大学は、高崎経済大学!かなりの名門です!模擬試験の結果は、E判定。合格の可能性は、かなり低い状況でした。受験科目は、数学ⅠA、現代社会、英語の3科目です。現代社会は、高校3年生で初めて受講する科目。私は、絶対に中間・期末テストで90点以下を取らない事。常に100点を目指すよう言いました。彼女は、「無理ッ!」と言いながらも努力してくれました。1・2学期の4回のテストを全て90点越え、学年上位、そして1位獲得。数学は、すでに履修済みでしたので何度も何度も演習を繰り返し苦手を克服。彼女の大きな壁は、英語でした。点数比率も大きい科目ですので失敗は、許されない。しかし、センター試験2カ月前になっても模擬試験で100点を越えません。我々に絶望が訪れました。英語の点数が伸びない原因・・・それは、単語力。覚えたはずの単語を忘れていたのです。そこで、1か月で単語7500を覚えてくるよう指示しました。私の無茶ぶりに彼女は、怯むかと思いました。しかし、見事クリアしたのです。その事が彼女の自信につながったのか、センター試験1か月前よりみるみる成績が上がっていきます。そして、センター前日。彼女の顔に笑顔はありません。センター試験の失敗は、高崎経済大学不合格を意味します。私は、笑わせようと必死でした。彼女は、少し笑って翌日を迎えます。センター試験を2日間終え、2日目の夕方、自己採点です。現代社会は、100点満点中88点と見事高得点!問題の英語は、過去最高の150点越え!数学は・・・なんと夜になっても解答が出てこない。その日は、数学の採点をせず帰宅。私は、彼女の答案を持ち帰り、自宅で採点。数学の点数によって運命が決まります。今年の数学1Aは難しかった。丸つけの結果は、76点!3科目合計で点数比率75%越え!高崎経済大学の合格をグッと引き寄せました。そして、センター試験の点数と内申書で合否を出す自己推薦入試出願、2月5日、合格発表!かなりの高倍率!受験番号を教えてもらい、午前10時の発表を待ちました。似たような番号が並ぶ中、1つ1つ確認すると・・・見事、合格!!!彼女の努力が報われた瞬間でした。1年前は、どうにもならないだろうと思われた高崎経済大学合格を勝ち取った。そして、入塾当初なかった集中力は、イヤホンなしでも周りの音が気にならない領域に達していました。この記事を読んでいる小中高校生の皆さん、勉強は、時間数では、ありません。いかに集中したかです。集中力や学力は、努力で身につけることが出来ます。それを桐女生が証明してくれました。私は、彼女にとてつもない努力をさせました。そして彼女は、努力した。それが、不可能を可能にする力なのだと思います。  合格した日に彼女に言われたのは、「塾長からのしごきは、かなり限界だった。でも強くなれた。」と! 私は、今までの彼女への無礼に対し謝罪しました(笑)。そして、彼女の合格を、優進ゼミに通う小中学生も知り、彼らを勇気づけました。これから中学3年生は、前期・後期入試を迎えます。私は、生徒とともに努力する事をやめません。本当におめでとう!!!

優進ゼミ | 2016.02.06 | PermaLink

第9期生を送り出して!!!

今年の中学3年生に小学5年生から優進ゼミに通ってくれた子がいました。最初は、その子と私(塾長)には、距離がありました。恐かったそうです(涙)。数か月が過ぎてお互いが慣れてきた時、私が羽目をはずして、彼女のお菓子を勝手に他の生徒さんにあげてしまいました。その時です、彼女が私に対し怒りをぶつけてきたのは!100%私が悪いです(涙)。その日、私は、彼女とケンカしました。普通、先生と生徒がケンカするなんてありえませんよね・・・。ケンカした後、私が彼女に言ったのは、「もう2度と俺の授業を受けなくて構わない。でも、俺は、君を高校へ導きたい!」と。その日以来、彼女と私は少し信頼しあえるようになったと思います。そして、彼女が中学へ入学した頃、1つ相談されました。将来の夢についてです。彼女は、「私、犬や猫を助ける人になりたい。どうすればなれるの?」と聞きました。私は、「動物愛護団体というNPO法人を作れば助けられるかもしれないよ!」とアドバイスし、「社長になるためには、たくさん勉強しなきゃね!」とも言いました。そして、2人で話してまず桐生女子高校を目指す事が決まりました。しかし、彼女は、桐女にいけるような成績では、ありませんでした。夢が決まったその日から約2年半、私との勉強の日々が始まりました。彼女は、純粋でした。私の言う事を守りました。しかし、たまに羽目をはずす癖があり、カラオケに行って遊んでしまったり、少し点数がよいと調子にのってしまったりとお茶目な部分もありました。その時は、個別に呼び出して指導です!!!彼女は、泣いてしまいます。でも次の日には、私に負けたくない!!と反骨心を持って挑んできました。そんな日々を過ごし私立受験突入です。私立の併願はとれました。そして公立の前期入試です。残念な結果でした。塾内のお友達が桐女に前期合格した時、彼女は落ち込みました。お友達におめでとうと言えなかったのです。私は、怒りました。「お友達が合格したのをなぜ喜べないんだ!そんなに悔しいのか!おめでとうって言ってあげるのが礼儀だ!」と。彼女は、すぐ納得してLINEでおめでとうと伝えていました。そんな素直な女の子なのです!彼女は、最後まで受験勉強をがんばりました。しかし、最後のテストでも桐女合格圏内ではありませんでした。それでも私も彼女も諦めませんでした。というより諦めさせませんでした。そして、後期入試前日。 私と講師一同の手紙に彼女は泣いていました。そして2日間の入試を終え、合格発表です。3月17日午後1時、塾集合の時間です。彼女は少し遅れてお母さんとやってきました。車の中から見えた彼女の顏は笑顔で包まれていました。合格を確信した瞬間です。小学5年生から約4年半の年月を私とともに戦ってくれたことをとても誇りに思います。そして自分の力で勝ち取った桐女!!!夢の第一歩を踏み始めたばかり。これからさらに勉学に励み世界中の動物たちを救ってください。人間に不可能などない。我々に乗り越えられない壁などないのだから。本当に合格おめでとう!!!
優進ゼミ | 2015.03.31 | PermaLink

昨年度を振り返って!

今年の中学3年生の皆は、最後まで第1志望校を諦めなかった。 ・順調に成績を上げてきたのに、突然成績が下がってしまった生徒。それでも志望校を変えずに合格を勝ち取った。おめでとう。 ・成績がなかなか上がらなかった。2月から毎日塾で勉強して合格を勝ち取った。おめでとう。 ・英語が苦手で志望校合格が難しかった。英語はコツコツ勉強、得意な社会を伸ばして合格を勝ち取った。おめでとう。 まだまだ沢山がんばった生徒さんがいます。夢に向かってがんばるのが優進ゼミに通う生徒たちです。 君たちには夢がある。宝物のように大切にしまっている夢が・・・ その夢の実現のために、勉強に耐えた。そして、この先、傷ついてボロボロになっても立ち向かう力を手に入れた。この先大きな壁を乗り越えて空高く羽ばたけるはず。君たちは、どんな現実にも負けたりしない。 本当に合格おめでとう!!!

優進ゼミ | 2014.04.22 | PermaLink

新年を迎えて!

明けましておめでとうございます。 平成26年は、優進ゼミ創立9周年になります。 多くの生徒が卒業し羽ばたいていきました。 新年早々、私立高校入試が始まり、2月、3月は公立前期、後期入試が待っています。 今年も多くの生徒の笑顔が見たい!!!そう思って生徒と接しています。 10周年、20周年を目指し、全力でまいりたいと思います。
優進ゼミ | 2014.01.12 | PermaLink

平成25年2学期期末テストを終えて!!!

今年もあと1カ月となりました。あっという間の1年でした。ほんの少し前に中学3年生を卒業させたと思ったらもう入試です。 中学生にとって2学期期末テストは、今年最後の定期テスト!!生徒にとっても塾にとっても大切なテストです。塾長である私は、社会を担当しています。学校の学年平均点よりも優進塾生の平均点が15点以上上回ることを目標にしました。生徒にも目標を告げスタート!!!私は、ドラゴンボールが大好きで、生徒に目標を達成したら、スーパーサイヤ人ならずスーパー塾長って呼んで!!とお願いしました。生徒は、苦笑いで了承(笑)!そして、11月は、休むことなく、疲労から熱も上がる中、生徒とともに全力で勉強しました。結果は、中学3年生・・・16.3点上回り、中学2年生・・・17.2点上回りました。中学1年生は、8点上回り、目標までいかなったのですが、90点以上の生徒を複数出せました。次回は、リベンジです。他の科目も生徒と講師が一丸となってよい成績を出せたと思います。この流れで冬期講習も全開、入試対策も全開です!!! スーパー塾長は、お預けです(涙)
優進ゼミ | 2013.12.06 | PermaLink

誕生日を迎えて!!!

今日、33回目の誕生日を迎えました。 なんと、生徒と講師でサプライズパーティーを開いてくれました(●^o^●) 嬉しすぎて涙が・・・ 塾長の誕生日を祝ってくれる塾って日本中にどのくらいあるのでしょうか? 私は、日本1、いや世界1の塾だと思います(=^・^=) この力を指導に生かしたいと思います。
優進ゼミ | 2013.10.30 | PermaLink

平成25年度スタートです!

今年度で8周年を迎える優進ゼミ!!!7期生も無事卒業しました。 8年という年月が私にたくさんの友人を作ってくれました。生徒から友人へ、そんな関係を作れるのが優進ゼミ。 数百という卒業生を輩出。高校を卒業し、私に会いに来てくれる生徒もたくさんいます。そんな生徒の成長がとても誇らしく感じ、今年もがんばる、パワーをもらえます。 今年もエネルギー全開(●^o^●) がんばりまっす(=^・^=)
優進ゼミ | 2013.04.02 | PermaLink

平成24年卒業旅行

 3月17日(日) 16日は、強風のため、当日の天気を心配したが、我ら優進の力はすごい。快晴と風もほとんどない行楽日和。神様は、我々を評価してくれたんだと思った。なぜなら、これを書いている18日は、さらに強風で、もしこの風が昨日だったら最悪だったと・・・。 さて、17日に戻ろう。 例年通り、ほとんど寝ないまま、集合時間の5時半。生徒が続々と集まる。色とりどりのお洒落 した、大人への第一歩を踏み出そうとする子たちの姿に晴れがましい気持ちになった。そして、事故なく行って来られる事を願い出発。  行きの道中は、トラブルなく無事、東京ディズニーランド到着。私にとってこの場所は、いつ来てもワクワクさせてくれる特別な場所。子ども達の様子は、さほど興奮もなくいつも通りの姿だった。チケットを手にし、班に分かれ入園。私の班は、毎年女子。明るく元気な女子たちだ。  ディズニーと言ったら3大マウンテン制覇という事でさっそくビッグサンダーマウンテンのファストパスを取りに(笑)。そして、班の1人が大ファンのプーさんのハニーハントへ。90分待ち・・・長い待ち時間に不安がよぎるが、そんな不安は一瞬で消えた。彼女たちのパワーは凄かった。ずっとしゃべりっぱなし(笑)。あっという間に90分が経った。そして、プーさんへ。実は、私もプーさんの隠れファン(笑)。興奮を隠しきれずスタート。やはり楽しかった。しかし、1つ不満が・・・プーさんのハニーハントは、プーさんの口から息を吐かれるというポイントがある。それをして欲しくて待っていたら・・・乗るゴンドラによってしてもらえるのとしてもらえないのがあった(涙)。私たちのゴンドラはしてもらえなかった・・・(涙)。感動が半減・・・でも楽しかったからヨシ(笑)。 次行ってみようという事で勇んでいたら、おなか減ったーという声が。しゃべって、笑って、おなか減ってと、若いって良いねーと思いながらハリウッドスターのような名のお菓子を食べた。とてもおいしかった。でも最近自分がどんどんおっさん化している事に気づく。カタカナが苦手になった・・・。スマホ、ラインとか、歌手の名前とかを覚えるのが大変になってきた・・・(涙)歳はとりたくないものだと残りのディズニー時間を数え体力も心配になった(笑)。そして、カリブの海賊へ行く事に。入口の近くで誰かにお尻を触られたー!!!恐る恐る振り返ると班の生徒だった。「何すんのっ!!」と怒ると「そこに尻があったから。」と言われた。・・・・しばらくの沈黙のあとででた言葉は、「は・・・い?」だった。彼女もまたディズニーに興奮していたのだろう。カリブの海賊は案外すいていて、すぐに乗れた。このアトラクションは、1回だけ落下がある。カリブが終わると1人の女子に元気がなかった。1度の落下をなめていて、不意をつかれたようだ。その子のこれからの絶叫系にトラウマを作った。そして、次は、バズのいるアトラクション。的を撃って点数を競うゲームだ。そこで、私は、皆に勝負を挑んだ。「オレに勝ったら何かおごるよー!」と。すると生徒もその挑戦にのってくれた。普通、大人ならわざと負けるもんだが・・・私は、勝負になると大人子ども関係なく勝ちに行ってしまう。もちろん今回も・・・圧勝だった!!!皆が3000点とかを取る中、私は25200点だった。皆から大ブーイング!!!やっちったー。と反省しつつ、心では楽しかったなーと幸せを感じた。さすがにおごらないのは、大人げないので、皆にアイスをごちそうした(笑)。そして、ファストパスをとったビッグサンダーマウンテン!!!班の女の子は、初めて乗る子が多く皆緊張しだした。そして、いざ出陣!!!鼓膜が破れんばかりの絶叫がディズニーに響き渡る。他のお客さんはびっくりしていた(笑)。終わってみれば、カリブのトラウマを持った子は、「案外楽勝だったー!」と笑顔。初めて乗った子は、「手汗かいたー、衝撃で頭を手すりに打ったー!」とか興奮している姿が微笑ましかった。 興奮した後は、やはりおなかが空くのが若い証拠って事でカレーを食べに(笑)。その中で1人の生徒のお腹が痛くなり、体調不良。薬を飲ませ様子を見る事に。お昼ごはんは食べられなかった。 少し休憩を入れ様子を見る事に。他の子も朝5時から興奮していたから疲れが襲ったのだろう。 皆、ぐったりしていた。私は、このランチの時、とてもうれしい気持ちだった。生徒とご飯を食べていると自分が父親になったような気持ちになった。子ども達の様子を見守る父。そんな感覚になった。とてもうれしかった。そして、食事のあとはトイレへ促す。すると、男子トイレの方へ行く生徒が。ドアを開けなかった事が救いだった。ホント皆、私を飽きさせない子ばかり。元気も取り戻したところで次は、スプラッシュマウンテン。谷底へ突入!!!待ち時間110分。体調が悪かった子と絶叫が苦手な子は、もう一人の先生と別行動へ。私と絶叫大好き軍団は、ノリノリで待った。踊り始める子もいて、テンション高いなー、大丈夫かなーと見ていたら、案の定、力尽きた。まだまだ待ち時間がある中でぐったりうなだれている。そんな中で出番がやってきた。 皆に緊張が・・・正直私も、スプラッシュは苦手。写真も撮られるのを知っていたし・・・ちゃんと写真が撮れた事がなかった。今回もまただった。一緒に乗った子はシャッターチャンスも何もかがんでいたので写真にいない・・・。でも、皆大興奮だった。 その興奮のまま、次は、別行動していた班の子たちがホーンテッドマンションに並んでいてくれたのですぐさま合流。今度はお化けだ。飛んだり跳ねたり、ゾッとしてみたりと我々を大いに楽しませてくれるディズ二―に感謝。皆の顔がどんどん幸せそうな表情になっている。それがホント嬉しかった。どんどん次へと急く気持ちを抑え、休憩をとった。気温も下がり、薄着の子が寒いと言いだした。その子はミニーのポンチョを買って暖をとった。とても可愛く似合っていた。塾では見せない表情に癒される。そして、スペースマウンテンへ。私はこのアトラクションが一番興奮する。 70分待ち。皆の興奮もマックスのため、あっという間に70分が過ぎた。また、お尻をもまれた。興奮も最高潮だったのだろう(涙)。絶叫が苦手な子は、体調が悪かったのだが回復し挑戦すると言ってくれた。でもその表情は、強張っている。心配だった。でもその心配も終わってみれば笑顔だった。やはりスペースマウンテンに絶叫が響き渡った。その勢いのまま、再度夜のビッグサンダーマウンテンへ。昼と夜では雰囲気も違い最高に気持ち良かった。 最初は、体力を心配した。でも終わってみれば今年も最高の思い出を作れた。 生徒から「本当に楽しかった、ありがとう。」と言われた時、また来年も行こうと決めた。 そして、帰りのバスが相生に入った時、とても寂しくなった。 でもこのディズ二―が終わりではない。 私の作った優進ゼミと生徒との関係は永遠に続くのだと私は思っている。いつでも遊びに来てほしい。我々講師は、こうした旅行や普段の生活・授業から幸福をもらっている。 この旅行が生徒のよい思い出になったなら幸いである。
優進ゼミ | 2013.03.19 | PermaLink

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。平成25年となり、優進ゼミは、創立8周年を迎えます。 6期生を輩出し、もうすぐ、7期生も卒業となります。 その前に、高校入試という大きな壁を乗り越えなければなりません。 1月5日より私立入試がスタートします。 生徒さんと講師が一丸となって壁を乗り越えてまいりたいと思います。
優進ゼミ | 2013.01.02 | PermaLink

2学期を迎えて

9月に入り、さあ2学期もがんばるぞっ!と思っていた矢先、9月中旬、とてつもない肩こりと首の痛みに襲われたと思ったらそのまま倒れてしまいました。気づいたら救急車の中でした。救急車の中では、住所や名前、勤務先などを聞かれたのですが、「なんで今聞くのー?!」と心の中で?がついていましたが、後々になって考えると意識がしっかりしているかの確認だったんだろうなーと反省(-_-) 診断結果は、神経痛と三半規管(耳の中にある)に問題アリということで・・・ 救急車以来、整形外科や耳鼻科のお世話になり薬漬けの毎日です。あれからもう1カ月。まだ全快ではありません。これから、生徒は、期末テスト、受験と大忙しです。塾長である私も体調悪いなんて言っていられません。今年も多くの生徒の笑顔が見たい。その希望だけを頼りに塾長は、今日も笑顔で塾に立っていたいと思います。 保護者様、生徒さんには大変ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。
優進ゼミ | 2012.10.16 | PermaLink

創立記念日を迎えて!!!

優進ゼミを設立したのが今から7年前。塾長 24歳でした。中学2年の時、学校の先生になると決めてからちょうど10年でした。私は、中学の時から学校の先生が作る定期テストを研究していました。黒板に書く内容、豆テスト、ワーク、プリントなど、先生の授業はどのようにして行われ、どのようにテストを作成するのかといつも考えていました。特にこだわったのが社会。なぜか社会が好きで誰にも負けたくないと思いました。そして、学年1位にこだわりました。100点を取れば絶対1位だと思い、ひたすら勉強。中学2年、3年の計10回の定期テスト中、5回が100点、残りは98点でした。98点の時は、くやしかった。でも2年間1位を死守(笑)。高校は、桐生高校に進学。高校でも社会科だけは負けないと決め、猛勉強。大学は、明治大学文学部史学地理学科(社会を学ぶ学科)へ。教員免許も取得しました。要するに社会バカです(笑)でも、社会に対する思いは人並み外れています。もちろん他の科目も努力しました(;一_一)中学からの蓄積が今塾長として指導に生かせています。継続は力なりと本当に思う毎日です。教科書が改訂されても私が中学生だった頃に戻っただけで、特に混乱はありませんでした。もうすぐ中間テストです。私の実力が試される時で、生徒さんの笑顔が見られる時です。 皆が勉強によって楽しい思い、うれしい思いが出来るようこれからもがんばり続けたいと思います。
優進ゼミ | 2012.05.13 | PermaLink

新年度を迎えて

今年度も4月9日(月)よりスタートしました。 昨年は、3.11の大震災により、日本全体に、大きな衝撃がはしりました。計画停電で優進ゼミも授業が出来ない日々が続きました。不安とともに進んだ昨年度でしたがなんとか乗り切ることができました。今年度は、昨年のような混乱はないものの、震災復興や経済の乱れがとても気になる毎日です。そんな中、新中学3年生の三者面談を毎土曜日に実施させていただきました。毎年の事ですが、 保護者様と生徒さんとの受験への気持ちの差を感じる面談です。14、5歳の人間が自分の未来について考える・・・正直難しいことですよね。そんな中で皆がんばってくれているのです。大人として考えるのではなく、中学生の立場になって考えなきゃといつも反省させられます。学校、部活、塾、他の習い事と過密スケジュールで日々動いている中学生。塾長よりも忙しいのでは・・・と思う位、予定がびっしりです。そんな生徒さんと勉強して成績を上げて、志望校に合格!!!塾長は、さらにやる気全開にならなければ(笑) 今年も志望校全員合格を学問の神に誓い、新年度スタートです。 がんばります!!!
優進ゼミ | 2012.04.16 | PermaLink